top of page

取材の内容は…

今日は、取材をしていただきました。

企業経営者向けの月刊誌「戦略経営者」

会計システムを開発している、TKC(東商一部上場)という会社が出しています。

テーマは、高齢者雇用。

自著「シニア人材マネージメントの教科書」を編集長がお読みになり、

ぜひ…ということになったそうです。

 

産業ジェロントロジーの専門家として

経営者視点から、シニア人材の活用について話してほしいといわれました。

そこで、雇用期間と教育について 以下のようなことをお伝えしました。

 

短期間雇用するのか、中期間雇用するのか・・・?

それに応じて、教育の仕方を変える必要がある。

 

・短期間(1-2年)であれば、即戦力のスキル重視。

 教育費をかけない分、賃金は上げる。

・中期雇用であれば、育成を視野に入れる。

教育費をかける分、賃金は高くできない。ただし、安定雇用を約束する。

なお、教育期間は中年層の1.5-2倍、復習回数も増やしてください。

 

シニアの採用は、難しいものです。

ただ、産業ジェロントロジーを学ぶと

もっともっと自社に見合った採用ができるようになります。

 

「戦略経営者」は、13万部と、業界ではトップだそうです。

知名度高き「日経トップリーダー」は、5万部と聞いています。

会計と経営者のつながりの深さを、改めて感じました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シーズニーズマッチングで講演!内部障害者サポートと、アプリ開発

シーズニーズマッチング。 講演をご依頼頂きました。万歳! タイトル「内部障害者とサポーターをつなぐスマホアプリ 『心の輪』 の開発」 ~「見えない障がい者」に対する支援 第一歩 ~ 社会課題を、ビジネスで解決したいチャレンジャーの皆様、ご一緒ください。 主催 公益社団法人日本テクノエイド協会 目的 障がい者の当事者視点を活かした支援機器 の開発。 対象 企業・研究者・支援機関・障がい者など。 内部

コメント


bottom of page