top of page

「加齢」と「中途障がい」の違い

【当事者の立場になって分かったこと 所感】


「中途障がい者は、できたことができなくなるので…」

「あ、それ、年を取るのと同じだよ。年寄りと障がい者は、似ているね」

「…。」


先月、60代後半男性から返された言葉。

「そうですね」と素直に同意できない自分がいました。


違いが、3つあります。

1 老化は「予測できる」、中途障がいは「予測できない」

2 老化は「徐々」に、中途障がいは「急速」にできたことが、できなくなる。

3 老化は「全ての人」、中途障がいは「限られた人」に訪れる


障がい者には、先天性・中途の二種類があります。

「できたことが、できなくなる」という壁を乗り越えられず、

自殺・うつ病が多いのが、私たち中途障がいだそうです。


幸いにして、元気にしています。

とはいえ…最初は受け入れられず、ペースメーカーをむしり取ろうとしたり

(一週間痛みつづけ自業自得)、

泣きながら、障がい者手帳を壁に投げつけたこともありました。

夫は大変だったと思います。💦


乗り越えた・仕事に復帰した経緯を

「必要だ」「困っている」方の、

お役に立てていただきたいと考えています。

11月あたり…少人数のオンラインでと、仲間と計画中です。

企業の方にも、お聞きいただければ嬉しいです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シーズニーズマッチングで講演!内部障害者サポートと、アプリ開発

シーズニーズマッチング。 講演をご依頼頂きました。万歳! タイトル「内部障害者とサポーターをつなぐスマホアプリ 『心の輪』 の開発」 ~「見えない障がい者」に対する支援 第一歩 ~ 社会課題を、ビジネスで解決したいチャレンジャーの皆様、ご一緒ください。 主催 公益社団法人日本テクノエイド協会 目的 障がい者の当事者視点を活かした支援機器 の開発。 対象 企業・研究者・支援機関・障がい者など。 内部

bottom of page